白髪の原因としてのストレス

白髪になる主な原因と対処法

 

私たちの髪の毛は頭皮内で成長するときに、メラニン色素が細胞に作用して色がつきます。

 

メラニン色素の働きになるメラノサイトという色素細胞の量が多く働きが良いほど髪は黒くなります。

 

白髪になる主な原因は何と言っても加齢です。年齢を重ねるとともにメラノサイトが減少したり、活性が悪くなると白髪になって生えてくるのです。

 

そのほかにも様々な原因が考えられます。代表的なものを見ていきましょう。

 

ストレス

強いストレスを受けると自律神経の働きが鈍り、血のめぐりが悪くなって毛根に栄養がいかなくなり白髪になります。

 

ダイエットや睡眠不足

ダイエットなど偏った食事でビタミン、ミネラル、タンパク質が不足したり、睡眠不足になると身体の様々な機能が低下します。

 

遺伝

白髪は遺伝性が高いといわれていて、遺伝による白髪はメラニン色素が髪に送り込まれにくい体質が原因と考えられています。

 

病気

胃腸疾患、甲状腺機能異常や貧血などでなることも。

 

紫外線

紫外線の強い日は、帽子や日傘などで対策することもよいでしょう。

 

一度出来てしまった白髪は元に戻せませんが、予防してこれ以上増やさないようにすることは可能だと思われます。

 

まずは食や生活環境を見直し、ストレスを溜めこまない生き方を心掛けていきましょう。

 

>> 利尻白髪染めシャンプー公式ページへ